ホーム »

7インチ型タブレットの勢いが半端ない件

2012年は電子書籍元年といわれる日が来るんではないでしょうか?

それほどタブレットや電子書籍端末に勢いがものすごいです。
楽天のkoboを皮切りにネクサス7とキンドルファイア及びHD。

ついに出揃ったなぁというイメージです。
koboやキンドルのエントリーモデルは電子書籍専用モデルですが、他のモデルは立派なタブレットPC。
ネクサスはクアッドコア搭載で19,800円ですからね!!

コストパフォーマンスの面ではNexus7が一歩リードといった感じではないでしょうか。
キンドルも15,800円のキンドルHDはなかなか頑張っているとおもいますが、純粋なアンドロイド端末ではないので利用法が電子書籍寄りの人向けでしょうね。
私の場合はアンドロイドアプリも満喫したいので、選択肢としてはNexus7かキンドルHDのどちらかですね。

あくまで現時点では、の話ですが。
今はタブレットPCとスマホの進化のスピードは凄まじいですから買い時をどうしても見失ってしまいガチです。
あと半年もすれば新製品が出ると思うとどうしても目の前のモデルを買うことを躊躇しがち。

確かにこの記事を買いているちょっと前にipadminiが発売されましたからねー。
価格帯がやや高いので上記の競争には入れませんでしたが。
Apple信者の皆さんは7インチタブレットとして躊躇なくipadminiを選ぶのでしょうね。

信者がいるブランドは強いですわ。

これまではタブレットPCを買う人は流行り物好きなガジェットオタクといったカテゴリでしたが、来年以降はガラっと変わると思います。
ライトPCユーザーや高齢者などにも門戸はひろがるでしょうね。

普通のPCより安いですし、視覚的に使えるから説明書とかも必要ないと思うから。
これからタブレットPCがどのように進化していくのが楽しみでしょうがありません☆

とりあえずNexus7の16GBを買って、タブレットというデバイスを体感してみることにします。

日立オートパーツ&サービスのHP
http://www.hitachi-autoparts.co.jp/